FEATURE

  LACTAE HEVEAの底

[LACTAE HEVEAの底]

パラゴムの天然バージンミルクを使用したLACTAE HEVEAの底

フランスのRELATEX社が開発するLACTAE HEVEAの底はパラゴムの天然バージンミルク(乳液)を使用して作られています。 パラゴムの天然バージンミルクとは南米が原産のパラゴムの木の樹液のことで、その歴史はマヤ、アステカの時代から使われていたと言われています。古くはこの樹液を使い、アクセサリー・トーチ、または寒さを凌ぐために体に塗りつけていたそうです。 RELATEX社では1970年代にこのパラゴムの樹液に着目し、現在に至るLACTAE HEVEAのアウトソールを完成させました。

LACTAE HEVEAの底の魅力はやはりそのクッション性にあります。多孔質マイクロ構造のソールは足に優しく、グリップ力もあり、そして底の摩耗が少ないのも特徴です。

polpettaではブーツの底に採用しています。ぜひ一度LACTAE HEVEAの履き心地をお試しください。

SHOES(POLPETTA)
COLLECTION はこちら

関連記事一覧