SHOES(POLPETTA)

・楽しい靴には知恵がある

“温もりというエッセンス”

ライン生産では表現できない温もりが大切だと考えています。
例えば商品に命を吹き込む”仕上げ”という行程。この作業に気持ちを込めると商品の顔がガラリと変わります。
全ての商品から温もりを感じてもらいたい。そう願っています。

“足を入れた時のシルエットを大切に”

靴は特殊な行程を経て生まれてきます。靴作りには無くてはならない木型も先人の膨大な知恵と経験によって今日に至ります。
平面的な革のその性質を見極め、木型の表面を辿りながら立体的なフォルムに加工する。
靴は木型で決まる。つまりシルエット。
足が入って尚、シルエットが引き立つ靴を目指しています。